ハルの初心者プログラミング部

ブログを最近始めたばかりの初心者です。よろしくお願いします。

【プログラミング備忘録】#1 C言語で合計値を求める【0から始めるアルゴリズム】【初級】【入門】

記事名と
URLをコピー

スポンサーリンク

こんにちは、情報系大学生のハル(Blog_IT_haru)です。

今回は、C言語での合計値の求め方を解説します。

大学2年生でアルゴリズムは勉強するらしい(先輩談)なのですが、

今のうちにすこし勉強しようと思うので、備忘録的にまとめていきます。

今回は、第1回ということもあり、初級レベルです。

すぐにコードを書きたい方は、目次より、「実行してみよう」からどうぞ。

f:id:Blog_IT:20210401173736p:plain

開発環境

プログラミング自体は、以下の記事でも紹介している、paiza.ioというサービスを利用して行います。

無料、かつ簡単にできるので、おすすめです。

開発環境を用意するのがめんどくさい…、コードだけ書いてみたい!という方はぜひ、このサービスを使ってみてくださいね。

blog-it.hatenablog.com

実行してみよう

コードのところに、コメントアウトで説明を書いたので、

見ていただければと思います。

また、以下のコードはコピペ可です。

ただ、他サイトなどで引用する際は、このブログのURLを貼ってください。

説明無しバージョン

説明無しバージョン(sizeof)

説明無しバージョン(+=)

コードに出てきた用語解説

int

型の種類の一つです。

int型は、整数を取り扱います。

int型のサイズは4バイトで、最大値は2147483647、最小値は-2147483648となります。printf関数などを使って出力表示する際の変換指定子はdになります。

引用元:

【C言語入門】整数(int、long int、short int)の使い方 - 侍エンジニアブログ

変換指定子dについては、後ほど解説します。

for文

同じ処理を繰り返したいときに使用する関数です。

似たような機能をもつ関数として、while文もありますが、今回は、省略します。

for文は、以下のように記述します。

今回はi=0から、i<5のときfor文の中身である足し算を繰り返すという処理を行いました。

より詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ。

繰り返しを行う文 - 苦しんで覚えるC言語

sizeof

sizeof演算子とは、変数や型のメモリサイズを調べるための演算子です。sizeof演算子は、変数や型のメモリサイズをバイト単位で返してくれます。メモリサイズとはコンピュータが使用するメモリの大きさのことです。

引用元:

【C言語入門】sizeof演算子の使い方(配列の要素数、構造体のサイズ) - 侍エンジニアブログ

今回は、sizeofを用いて、配列がいくつの要素数を持っているのか調べましたね。

今回の場合は、5つ持っていました。

printf

文字列を表示するための関数です。

今回の場合は、計算結果がきちんと合っているかどうか、確認のために使用しました。

普通は、以下のように、文字列を記述するのですが、今回は整数の計算結果を記述したいので、少し違う書き方になりましたね。

普通の文字列の場合

計算結果のように整数の場合(今回)

このとき出てきた、%dのdが、変換指定子dです。

%d

printf内で使います。

整数を10進数で出力します。

int型に対応します。

使用例

この場合、10と出力されます。

\n

printf内で使います。

改行を行います。

先程の変換指定子の前か後に記入します。

前に記入した場合は前が改行され、後ろに記入した場合は後ろが開業されます。

今回も、見やすく出力するために、使用しました。

こんな感じですね。

小話

今回、for文で使う、i,j,kのintの宣言を、for文内に書きましたが、あまり好かれる表現ではないらしいです。(大学教授談)ただ、あまり気にしない人もいるらしいので、なんとも言えないところはありますが。

参考にした本

この本を少し参考にさせていただきました。

とてもわかり易く、イラストなどで説明されていて、見やすい本なので、おすすめです!!

C言語以外に、JavaScript,Java,PHP.Swift,Python,BASIC,Scratchについてもあるため、とてもお得な本だと思います。

おすすめのC言語学習サイト

9cguide.appspot.com

書籍も発行されている、C言語学習の定番です。

私も本を購入して学習しました。

とてもわかり易いので、おすすめです。

書籍派はぜひ書籍で学習することをおすすめします。

書籍派はぜひ購入を検討してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、初級編ということで、C言語で、合計値を求める方法を解説しました。

実際に自分でデータを変えたりして、遊ぶのも面白いですよ。

次回は、最大値か、最小値についての予定です。

この記事がいいな、と思ってくれたら、SNSなどで拡散したり、

ブックマークやコメントなどしてくれると励みになります!

更に、読者になってくれたら、お返しに私も読者になります!

また、この記事の内容についてなにかありましたら、

お問い合わせ、コメント、TwitterのDMなどによろしくお願いします。

それでは。