ハルの初心者プログラミング部

ブログを最近始めたばかりの初心者です。よろしくお願いします。

【paizaラーニング】【データセット選択メニュー】STEP: 1 ランダムアクセス C言語編【解説】【初級】【入門】

こんにちは、情報系大学生のハル(Blog_IT_haru)です。

今回は、paizaラーニングの、データセット選択メニューの第1回、ランダムアクセスについて解説していきます。

サンプルコードも掲載してありますので、勉強の参考にしていただければと思います。

また、私自身も初心者であるため、今後解けない問題が出てきた際は記事の更新が滞るかもしれませんが、ご了承下さい。

すぐコードを見たい方は以下のもくじから、サンプルコードで見ることができます。

f:id:Blog_IT:20210327184908p:plain

問題

問題の閲覧・回答は以下のページで行えます。

paiza.jp

問題の引用

以下は、上記ページより引用させていただきました。

入力される値

N M
A
入力値最終行の末尾に改行が1つ入ります。
文字列は標準入力から渡されます。
期待する出力

答えの数値を出力してください。

N
末尾に改行を入れ、余計な文字、空行を含んではいけません。
条件

すべてのテストケースにおいて、以下の条件をみたします。
* N, M は 1 以上 100 以下
* 1 ≦ M ≦ N
* A の各要素の値は 1 以上 100 以下

入力例1

5 2
1 2 3 4 5

出力例1

2

入力例2

3 3
7 8 9

出力例2

9

解説

この問題は、配列を用いて解く問題です。

入力される値のNは、配列の要素数、Mは、配列の添字、Aは、配列に入る値が指定されています。

出力される値は、配列[添字M]の値です。

では、コードを書いていきましょう。

サンプルコード

わかりやすいように、問題文の文字そのままで変数を設定しました。

まず、全て整数であるので、int型で変数を宣言します。

その後、scanfを用いて、NとMを読み込みます。

また、配列Aは、問題文より、要素数が100個までとわかっているので、A[100]と宣言します。

そして、配列にfor文を用いてAの値を読み込んでいきます。

この時、for文用の変数iは1からスタートします。

0からにすると正しく出力されません。

また、条件も、i<Nではなく、i<=Nであることにも注意しましょう。

ここまでできたらもうゴール間近です。

printfで、A[M]を出力して完了です。

まとめ

いかがでしたか?

C言語でpaizaラーニングの問題集の記事を書いている方が中々いなかったので、これからちょくちょく書いていけたらな、と思います。

これは私のアウトプットでもありますし、更に誰かのお役に立てたら幸いです。

この記事がいいな、と思ってくれたら、SNSなどで拡散したり、

ブックマークやコメントなどしてくれると励みになります!

更に、読者になってくれたら、お返しに私も読者になります!

また、この記事の内容についてなにかありましたら、

お問い合わせ、コメント、TwitterのDMなどによろしくお願いします。

それでは。

【プログラミング備忘録】#5 C言語で数字の入れ替えを行う【変数】【配列】【0から始めるアルゴリズム】【初級】【入門】

こんにちは、情報系大学生のハル(Blog_IT_haru)です。

今回は、C言語で数字の入れ替えの仕方を解説します。

大学2年生でアルゴリズムは勉強するのですが、

今のうちにすこし勉強しようと思うので、備忘録的にまとめていきます。

今回は、今まで紹介してきた中では、一番簡単だと思います。

すぐにコードを書きたい方は、以下のもくじより、「実行してみよう」からどうぞ。

f:id:Blog_IT:20210401182222p:plain

開発環境

プログラミング自体は、以下の記事でも紹介している、paiza.ioというサービスを利用して行います。

無料、かつ簡単にできるので、おすすめです。

開発環境を用意するのがめんどくさい…、コードだけ書いてみたい!という方はぜひ、このサービスを使ってみてくださいね。

blog-it.hatenablog.com

実行してみよう

コードのところに、コメントアウトで説明を書いたので、見ていただければと思います。

以下のコードはコピペ可ですが、他サイトなどで引用する際は、このブログのURLを貼ってください。

サンプルプログラム

説明あり
説明無し

コードに出てきた用語解説

今回出てきた用語は全て以下の記事で説明済みですので、わからない方はぜひ見ていただければと思います。

int、for文、sizeof、printf、%d、\nについてはこちら

blog-it.hatenablog.com

if文はこちら

blog-it.hatenablog.com

参考にした本

とてもわかり易く、イラストなどで説明されていて、見やすい本です。

C言語以外に、JavaScript,Java,PHP.Swift,Python,BASIC,Scratchなどについてもあるため、とてもお得な本だと思います。

コードも載っていて、とても参考になります。

※今までの私のブログで紹介してきたコードはこの本を参考にしてはいますが、全てオリジナルです。

おすすめのC言語学習サイト

9cguide.appspot.com

書籍も発行されている、C言語学習の定番です。

私も本を購入して学習しました。

基礎の基礎から解説されていて、とてもわかり易いので、おすすめな書籍です。

書籍派はぜひ書籍で学習することをおすすめします。

書籍派の方も、そうでない方も、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、C言語での数字の入れ替えの方法を解説しました。

実際に自分でデータを変えたりして、遊ぶのも面白いですよ。

今までまだ解説していませんが、scanfなどを使って、入力した数字などで行うのも面白いと思います。

次回は、ソートなどについての予定です。

本当は今回、ソートなどをやる予定だったのですが、割と難しめなので、もう少し後にすることにしました。

(変更する可能性もあります。)

この記事がいいな、と思ってくれたら、SNSなどで拡散したり、

ブックマークやコメントなどしてくれると励みになります!

更に、読者になってくれたら、お返しに私も読者になります!

また、この記事の内容についてなにかありましたら、

お問い合わせ、コメント、TwitterのDMなどによろしくお願いします。

それでは。

【情報系大学の学び】便利なWEBページ【厳選】【役立つ】【新入生】

こんにちは、情報系大学生のハル(Blog_IT_haru)です。

今回は、私が大学生活で、よく使った便利なWEBサイトをまとめていきます。

春から大学生の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

f:id:Blog_IT:20210401181802p:plain

英語系

DeepL Translate

www.deepl.com

よく使わせていただいたサイトです。

普通の翻訳機能と、Word&PowerPointの翻訳機能もあるのでとても便利です。

Google翻訳

translate.google.co.jp

Google翻訳は、スマホアプリを使うことが多かったです。

音声からの翻訳だったり、画像からの翻訳も可能で、とても便利でした。

Weblio

ejje.weblio.jp

Weblioはどちらかというと、Chrome拡張機能でお世話になりました。

chrome.google.com

英語にマウスカーソルをあわせるだけで、翻訳されてくれるので、とても便利でした。

データベース系

コトバンク

kotobank.jp

無料ウェブ百科事典と銘打ってるだけあり、全て無料で使うことのできる電子辞典サイトです。出典が明確なため、レポートなどにも使わせてもらいました。

Google Scholar

https://scholar.google.co.jp/schhp?hl=ja&as_sdt=0,5

様々な論文を検索できます。レポートなどをまとめる際、役に立ちました。

数学系

Derivative Calculator

www.derivative-calculator.net

自動で微分を計算してくれるサイト。英語ですが、使い方が簡単なため、とても便利です。

行列計算機

matrixcalc.org

これも、線形代数を勉強するときにとてもお世話になりました。どうしても計算が合わないときなど、検算としても使えるので、とてもおすすめです。

極限計算機

ja.numberempire.com

極限を計算してくれるシンプルなサイトです。これも、検算としてとても役立ちます。

Wolfram

ja.wolframalpha.com

これはあらゆる計算が可能なサイトです。途中式などを見るには、お金がかかってしまう場合がありますが、無料でも十分役に立つサイトです。

デザイン系

画像サイズ変更

www.bannerkoubou.com

画像や写真の大きさを変えることができる、シンプルなサイトです。

動作も軽く、とても使いやすいです。

オンラインイメージエディタ

www.peko-step.com

これも、先程のサイトと同じように、画像や写真のサイズを変更することができます。

とてもおすすめです。

GIFメーカー

syncer.jp

動画や画像から簡単にGIFを作れるサイトです。

とてもシンプルな機能のみで、とても使いやすいです。

プログラミング

paiza.io

paiza.io

当ブログでも何度か紹介しているサイトです。

WEBだけで、プログラミングが簡単にできるというサイトです。

手軽にプログラミングができるサイトなので、とてもおすすめです。

その他

iLovePDF

www.ilovepdf.com

WordからPDFにしたり、PDFからWordにしたり、PDF結合など、PDFに関することならほぼ全てできるといっても過言ではないサイトです。

とてもシンプルで使いやすく、とてもお世話になりました。

ApowersoftオンラインPC画面録画ソフト

www.apowersoft.jp

オンラインで簡単に画面録画ができるサイトです。

今年はオンラインで授業がされていたので、記録したい授業などを、このウェブサイトを使って録画していました。

※教授によっては録画を好まない人もいると思うので、録画して残すときは慎重に!!

URX

urx2.nu

長いURLを短縮してくれるサイトです。QRコードを作ることができたり、とても便利です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、私が一年生のときお世話になった(これからもお世話になる予定)便利なWEBサイトをまとめてみました。

これから大学生になる皆さんにはとても役に立つ情報だと思います。

二年生になって更に便利なサイトなどを見つけたら、また追記するかもしれません^^;

この記事がいいな、と思ってくれたら、SNSなどで拡散したり、

ブックマークやコメントなどしてくれると励みになります!

更に、読者になってくれたら、お返しに私も読者になります!

また、この記事の内容についてなにかありましたら、

お問い合わせ、コメント、TwitterのDMなどによろしくお願いします。

それでは。

【情報系大学の学び】大学生にプリンターは必要か?【新入生】

こんにちは、情報系大学生のハル(Blog_IT_haru)です。

今回は、大学生に、プリンターは必要かどうかについてまとめていきます。

私の大学でも、必要かどうか聞く新入生が多いと感じたので、まとめます。

※私は1年生の時ほぼオンラインだったため、例年とは違う恐れがありますがご了承ください。

f:id:Blog_IT:20210401174600p:plain

デジタル派か?アナログ派か?

iPadでノートを取る人は必要ない

私の大学でも、何人かは、iPadでノートをとっていました。

ノートアプリが充実していますし、資料なども電子ノートにそのまま貼り付けられるので、プリンターはいらないといえます。

また、時々プリンターを使う機会(テストがノートなど持ち込み可の場合など)がありますが、その場合は、大学のプリンターを使えば良いでしょう。

アナログでノートを取る人は有ったほうが良い

私自身、ノートはよく書店などで売っている、5冊セットのものを使用していました。

その場合、ネットなどで見つけた資料などは、コピーしてノートに貼り付けなどすると思います。(私はしました)

そのときいちいち大学に行っていたら、ノートまとめなどが効率よく行えません。

また、私はパソコンでいい感じにまとめた資料をそのまま印刷して、ホッチキスで留めてまとめる、というやり方を行っていたので、家にプリンターが有ると凄く便利に感じました。

プリンターの選び方

プリンターは一番安いもので問題ありません。

ただ、できればコピー機能も付いていたほうが、ノートまとめの際便利です。

私自身、以下のモデルを買いました。

スマホからの印刷も可能でしたし、機能的にも十分でした。

まとめ

いかがでしたか?

プリンターは、その人によって必要だったり、必要ではなかったりすると思います。

また、私の大学での話なので、大学によっては、レポートなどが大量にあり、プリンター必須などもあるかもしれませんので、参考までにおねがいします。

この記事がいいな、と思ってくれたら、SNSなどで拡散したり、

ブックマークやコメントなどしてくれると励みになります!

更に、読者になってくれたら、お返しに私も読者になります!

また、この記事の内容についてなにかありましたら、

お問い合わせ、コメント、TwitterのDMなどによろしくお願いします。

それでは。

【プログラミング備忘録】#4 C言語で最小値を求める【0から始めるアルゴリズム】【初級】【入門】

こんにちは、情報系大学生のハル(Blog_IT_haru)です。

今回は、C言語での最小値の求め方を解説します。

大学2年生でアルゴリズムは勉強するのですが、

今のうちにすこし勉強しようと思うので、備忘録的にまとめていきます。

今回も、前回と同様、初級レベルですが、最大値よりは少しだけ難しい部分があります。

すぐにコードを書きたい方は、目次より、「実行してみよう」からどうぞ。

f:id:Blog_IT:20210401174956p:plain

開発環境

プログラミング自体は、以下の記事でも紹介している、paiza.ioというサービスを利用して行います。

無料、かつ簡単にできるので、おすすめです。

開発環境を用意するのがめんどくさい…、コードだけ書いてみたい!という方はぜひ、このサービスを使ってみてくださいね。

blog-it.hatenablog.com

実行してみよう

コードのところに、コメントアウトで説明を書いたので、

見ていただければと思います。

以下のコードはコピペ可ですが、他サイトなどで引用する際は、

このブログのURLを貼ってください。

サンプルプログラム

ポイント

minの初期値を十分大きい数字にすること。

説明あり
説明無し

コードに出てきた用語解説

今回出てきた用語は全て以下の記事で説明済みですので、

わからない方はぜひ見ていただければと思います。

int、for文、sizeof、printf、%d、\nについてはこちら

blog-it.hatenablog.com

if文はこちら

blog-it.hatenablog.com

参考にした本

前回も紹介した本なのですが、とてもおすすめなので、また紹介させていただきます。

とてもわかり易く、イラストなどで説明されていて、見やすい本です。

C言語以外に、JavaScript,Java,PHP.Swift,Python,BASIC,Scratchなどについてもあるため、とてもお得な本だと思います。

おすすめのC言語学習サイト

9cguide.appspot.com

書籍も発行されている、C言語学習の定番です。

私も本を購入して学習しました。

とてもわかり易いので、おすすめです。

書籍派はぜひ書籍で学習することをおすすめします。

書籍派の方はぜひ購入を検討してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、初級編ということで、C言語で、最小値を求める方法を解説しました。

実際に自分でデータを変えたりして、遊ぶのも面白いですよ。

(for文の部分をwhile文にしたり。)

次回は、ソートなどについての予定です。

(変更する可能性もあります。)

この記事がいいな、と思ってくれたら、SNSなどで拡散したり、

ブックマークやコメントなどしてくれると励みになります!

更に、読者になってくれたら、お返しに私も読者になります!

また、この記事の内容についてなにかありましたら、

お問い合わせ、コメント、TwitterのDMなどによろしくお願いします。

それでは。